django-bootstrap3の基本的な使い方


インストール

pipを事前にインストールしておく必要があります。

pip install django-bootstrap3


settings.pyの設定

INSTALLED_APPS = [
...
    'bootstrap3',
]


テンプレートでの準備

{% load bootstrap3 %}
<!-- 必要なファイルをロード -->
{% bootstrap_css %}
{% bootstrap_javascript %}


自動ロード

setting.pyで以下のようにbuiltinsで設定することで、自動でbootstrap3がロードされます。

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        ...
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                ...
            ],
            'builtins': [
                'bootstrap3.templatetags.bootstrap3',
            ],
        },
    },
]


フォームでの使用例

<form action="" method="post" class="form">
    {% csrf_token %}
    {% bootstrap_form form %}
    {% bootstrap_button "送信" button_type="submit" button_class="btn-primary" %}
</form>


フォーム送信後のメッセージ

# views.py
from django.contrib import messages
...

def messages_test(request):
    if request.method == 'POST':
        form = ...
        if form.is_valid():
            ...
            messages.success(request, "成功!")           
    ...


テンプレート側でのメッセージ

{% bootstrap_messages %}


アイコン

{% bootstrap_icon "link" %}


ページネーション

{% bootstrap_pagination page %}